宗教による違い

事前の打ち合わせをしっかり行い葬儀のトラブルを回避しよう

葬儀で一番トラブルになりやすいのが、「金額の相違」です。
高額になる事がほとんどですので、少しの違いが大きな金額になる事もすくなくありません。
気持ちよく故人をお見送りするためにも、しっかりと打合せをしてトラブルを回避しましょう。

トラブルを回避するためには、「予算」と「葬儀に対する希望」をしっかりと伝えておくことです。
葬儀の価格の平均は120万円~150万円と言われています。
平均的な葬儀を希望される方は、この位の金額が必要になります。

ですが、葬儀費用には、「お布施」は含まれませんので注意してくださいね。
お布施の平均は15万円から50万円と宗派によって違いますのでよく確認しましょう。

金銭トラブルを回避するためには、事前の下調べをしておくことが重要です。
できれば2社程度目星をつけておき、いざという時に2社ともに見積もりを出せるように、
電話番号だけでもメモしておくと安心です。

特に病院から紹介される葬儀会社はお高いことが多々あります。
大切な人が亡くなられて直ぐ混乱している所に、高額な契約が必要になる、
と言われても中々冷静に判断することは難しいですよね。
ぜひ、下調べをして、冷静に判断できるように努めましょう。

葬儀会社が決まれば、事前の打ち合わせをしっかりと行いましょう。
葬儀の規模や、祭壇の規模、引き出物など決める事はたくさんあります。

一番重要なのが、故人の信仰している宗教の有無です。
家族で同じ宗教を信仰している場合には、宗派などがしっかりとわかりますが、
違う宗教を信仰している場合には、ぜひ故人の信仰している宗教を優先してあげましょう。

葬儀の形式が決まれば、総額を提示してもらい決定しましょう。
そのプランからいらない所は削って、足りない所はプラスしてもらって最終決定しましょう。

特に最終決定は、喪主が行う事がおおいですが、
喪主だけでなく何人かで確認しながら決定することがトラブルを回避するコツです。
しっかりと確認しましょう。

Menu