宗教による違い

友引に葬式をしてもいいの

友引とは、中国から伝わった六曜という暦についている吉凶を占うものです。
元々は、共引と記されていて「冥途に友を連れて行く」といわれていて、慶事には人気がありますが、
友引に葬儀を行うのは、大凶とされていますので、葬儀を避ける方が多いです。

ですが、これは習慣ですので、行ってはいけない。という決まりはありません。

多くの自治体は、友引の日を火葬場の定休日にされていますので、
葬儀を行うことが出来ない、という事もあります。

最近では、友引でも葬儀を行われる方も多くなってきて、火葬場が開いている所も増えています。
葬儀会社も友引を休業日に指定している会社も多いようです。

通夜が友引に当たる場合には、通常通りに執り行われることが多いようです。

どうしても友引に葬儀を行わなくてはならない、という場合、
一部の地域で「友引人形」をご遺体と一緒にいれる習慣がある地域もあります。
ですが、仏教と六曜は関係ありませんので、宗教的にも、問題ありません。

特に、年配の方などは、友引に葬式を行う、という事を嫌う方が多いので、
親族で話し合ってから決定することをおすすめします。

亡くなられた瞬間から葬儀の準備に取り掛かる必要がありますが、
一度カレンダー等で六曜を確認して、友引に当たる場合には、
火葬場に営業しているかを確認して、営業していないという場合には、早めに予約しましょう。

友引休暇で火葬場が休業していると、次の日に火葬が多くなりますので、
友引の次の日火葬の予約が取れないという場合もあります。

葬儀・告別式の後に火葬に向かいますから、
予約が取れないと葬儀の日程を遅らせる必要が出てくる場合もあります。
葬儀会社に葬儀の準備を手配してもらう場合には、教えてもらうことができますが、
ご自分で手配する場合には、早めに手配するようにしましょう。

訃報は、突然やってくるものですので、事前に知識を持っておくことで慌てずに行動する事が出来ます。
ぜひ、覚えておいてくださいね。

Menu