宗教による違い

キリスト教の葬儀で言ってはいけない言葉

葬儀に参列する場合、ご遺族にお声をかける際に、
「このたびは、ご愁傷様でした」などと声をかけるのが一般的ですが、
キリスト教の場合、お悔みという概念がありませんからのこの言葉はNGです。
「安らかなお眠り申し上げます」というのが一般的です。

また、成仏、往生、冥福、供養などの言葉は、仏教の言葉ですので、使わないようにしましょう。

キリスト教では、人が亡くなるのは神様の元に召される事です。
そのため、葬儀というのは、神様に対する感謝と故人を懐かしむ儀式なのです。

故人は、礼拝の対象にはなりませんので、成仏・冥福を祈る、という事はありません。
むしろ、神の御許で永遠の命を得ることができる、祝福すべき出来事としてとらえられています。

このような考え方のある、キリスト教ですから、
仏教式葬儀とは、言ってはいけない言葉がありますので注意しましょう。

なんといっていいか分からない、という時には、「安らかなお眠り申し上げます」と一言で十分です。
キリスト教の葬儀は、全体の約1%程度ととても少ないので、中々参列する機会がない方も多いとおもいますが、
知識として覚えておくと、突然の訃報にも慌てずにすみますよ。

キリスト教の葬儀に参列した場合、聖歌・讃美歌の合唱、聖書の朗読・説教、お祈り、献花と続き、
聖歌・讃美歌がわからない、献花のお作法がわからない、と慌ててしまう方が多いですが、
お作法よりも、故人に対する気持ちを重視される宗派が多いので、気持ちをこめてお別れをすれば大丈夫です。

ご遺族、近親者、一般参列者と続いて献花を行いますので、
先に献花を行われているのを見て、お作法を確認すればOKです。

キリスト教でも、カトリックとプロテスタントでは、御香典の表書きなども違いますので、
訃報が来た際には、カトリックかプロテスタント等を確認する事をおすすめします。
袱紗に包んで持参しましょう。
喪服等は、仏式の葬儀と同じですが、数珠は必要ありません。

Menu