宗教による違い

葬儀に出席できない場合は電報で気持ちを伝えよう

訃報が入った時には、出来るだけ早く駆けつけたいものですが、
出席できそうにない。という時には、電報を打ちましょう。

電報を打つ時には、NTT115番電話をかけるか、インターネットD-MAILからでも可能です。
電話の場合は、AM8時からPM10時、インターネットの場合は、24時間対応しています。
午後7時までに電話すると、当日中に配達してもらえるので、
出来るだけ早めに電話・インターネットで申し込みしましょう。

電話・インターネットで申し込みする場合、送り先の住所・名前、喪主のお名前を確認しておきましょう。
文章は、文例を利用する方法とご自分で設定する方法があります。
台紙を選ぶことができますし、ブリザードフラワーも送る事ができます。

弔電を送るときは、「○○(喪主)様方○○(故人)様」又は「○○(故人)様ご遺族様」宛に送りましょう。
文例は、オペレーターにも確認することができますし、インターネット・電話帳でも確認することができます。

訃報が入った時には、慌てずに通夜・葬儀の日時と場所、喪主を確認しましょう。
特に最近は、自宅で葬儀をされる方はほとんどおられませんから、
通夜・葬儀会場の確認を忘れないようにしてくださいね。

弔電を送るときには、喪主から見た続柄の敬称を使う事を覚えておいてくださいね。

喪主から見て、
お父さんの場合、お父さま、ご尊父さま
お母さんの場合、お母さま、ご母堂さま
義父さんの場合、ご岳父さま、お義父さま(妻側)ご尊父さま、お義父さま(夫側)
義母さんの場合、ご岳母さま、お義母さま(妻側)ご母堂さま、お義母さま(夫側)
ご主人の場合、ご主人さま、ご主君さま
奥さんの場合、奥さま、ご令室さま
息子・娘の場合、ご子息さま、ご令嬢さま

と表記しますので、覚えておきましょう。
お悔みを述べる際にも使うことができます。

弔電を出した場合、出来るだけ早くご自宅に弔問に伺いましょう。
この場合にも、喪服は必要です。
一般的には、1週間以内に伺います。

Menu