宗教による違い

キリスト教の葬儀の流れ

キリスト教といっても、カトリックやプロテスタントなど仏教同様様々な宗派がありますので、
少しずつ違いがありますが、一般的なキリスト教式の葬儀をご紹介します。

キリスト教にも、通夜・葬儀・告別式と2日あるように、前夜祭・葬儀・告別式の2日があります。
前夜祭は、葬儀会場に着いたら受付で記帳し、お香典などをお渡しします。

葬儀が始まりましたら、聖歌を歌い、聖書の朗読、お祈りが行われ、
仏教でいう、お焼香の代わりに献花が行われます。

葬儀・告別式の場合、受付で記帳して、聖歌を歌い、聖書の朗読・お祈り、献花が行われます。
告別式が終われば、出棺になります。
霊柩車が出発する時には、お祈りして故人をお見送りします。

キリスト教の葬儀に参列する場合も、お手持ちの喪服で結構です。
キリスト教の方は、黒いベールをかぶることがありますが、
他宗教の方がかぶるとファッションとして認識されてしまいますので、しない方がベターです。
アクセサリーは、結婚指輪・真珠以外には、身に着けてはいけません。

御香典の表書きは、カトリックの場合御ミサ料、プロテスタントの場合御花料と書きます。
どちらか分からない場合には、ご霊前でOKです。

キリスト教を信じている、という事を知っている方の場合には、
訃報がかかってきた時に、確認するのがおすすめです。

葬儀会場について、受付をする時に聖歌などが記載されているものが用意されていますので、
忘れずにもらいましょう。

献花の方法は、順番がきたら、遺族の前にでて一礼します。
係りの方から、花の方が手前に来るように受け取ります。
両手で持ったまま、祭壇の前に行き一礼します。
根本が祭壇側になるように花を持ちかえて、献花台に置きましょう。
キリスト教以外の方は、手を合わせて黙とうしましょう。

日本で行われる葬儀の約1%ととても少なく、機会も少ないので、
どうしたらいいか分からないという方が多いですが、前の方に続いて同じようにすれば大丈夫です。
作法よりも気持ちを大事にされるので、気持ちを込めてお送りしましょう。

Menu