宗教による違い

葬儀費用を安くするには

葬儀費用の平均価格は、120万円から150万円とお布施です。
もちろん、これ以下で葬儀を行う事はできますが、結構お高いですよね。
一番お安く葬儀をあげるには、規模にもよりますが、
「無宗教式家族葬」のお葬式が一番お安く葬儀をあげる事が出来ます。

お布施がない分お安くなります。
僧侶が来られないので、読経はありませんが、お焼香は可能です。

故人が従来の方法以外の葬儀を望まれている場合は、無宗教式のお葬式になる事が多いです。
最近では、自由な形で故人の最後をお見送りする方が増えています。

幾らお安く上げようと思っていても、安かろう悪かろうではダメですよ。
でも、葬儀をあげるのは、ほとんどの人が初めてという方ですので、
何かあってから調べるのではなく、事前に下調べしておくことが必要です。

病院で亡くなられた場合、当日またはその翌日には病院から遺体の安置場に移動する必要があります。
葬儀会社にお願いする場合、心当たりがなければ病院から紹介してもらうこともできますが、
少しでも安くあげたいという場合には、事前に下調べをしておき、すぐに葬儀会社と連絡をとる必要があります。

葬儀費用がかさんで残された人の生活が苦しくなるような葬儀は、はっきりいって無駄です。
故人には申し訳ない、と思ってしまう方が大半ですが残された方が生活するためには、
お金が必要ですので、ご家庭に合った規模の葬儀を行いましょう。

少しでも節約したい。とお考えの方に、お勧めのポイントがいくつかあります。
1つ目は、手続き等の代行サービスは自分で行う。
2つ目は、祭壇の規模は、適切か?
3つ目は、戒名は、本当に必要か?
の3つです。

菩提寺にお骨を納めてもらう場合には、戒名が必要になる場合が多いですが、
公営墓地などの場合には、ご遺族で決める事もできます。
インターネットでも検索すれば付け方を教えてくれるページがたくさんあるので
参考にしてみてはいかがでしょうか?

お安くても質のいい葬儀をご検討してみてくださいね。

Menu